採用力が上がる「採用管理システムを導入すべき3つの理由」

2017年12月06日更新|2.18MB

A7b1c1451e1bd69ee923e1d5ac43eb4017bcb57d
HRMOS採用管理
株式会社ビズリーチ

概要

優秀な人材を採用するために、人事・採用担当者の担う役割はどんどん大きくなっています。

採用と一口にいっても、業務理解、採用ターゲットの定義、採用競合分析、母集団形成、選考、内定通知、内定から実際に入社するまでのフォロー、そして採用全体の振り返りなど、多岐にわたるプロセスがあり、それぞれに対して付随する業務が発生します。

それゆえ、人事・採用担当者はこれまで以上に採用業務を効率的に行うことが求められると同時に、採用の状況を可視化・分析したうえで改善を行うなど、採用活動を戦略的に展開していく必要があります。

では、戦略的な採用活動を行うにはどうしたらよいでしょうか。本資料では、採用管理システムを導入することで、人事・採用担当者が効率的に業務を遂行でき、採用スピードが上がり、パフォーマンスの可視化によって採用活動が改善される理由、そして採用力向上につながる理由をお伝えします。

既に会員の方はこちら


資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

優秀な人材を採用するために、人事・採用担当者の担う役割はどんどん大きくなっています。

採用と一口にいっても、業務理解、採用ターゲットの定義、採用競合分析、母集団形成、選考、内定通知、内定から実際に入社するまでのフォロー、そして採用全体の振り返りなど、多岐にわたるプロセスがあり、それぞれに対して付随する業務が発生します。

それゆえ、人事・採用担当者はこれまで以上に採用業務を効率的に行うことが求められると同時に、採用の状況を可視化・分析したうえで改善を行うなど、採用活動を戦略的に展開していく必要があります。

では、戦略的な採用活動を行うにはどうしたらよいでしょうか。本資料では、採用管理システムを導入することで、人事・採用担当者が効率的に業務を遂行でき、採用スピードが上がり、パフォーマンスの可視化によって採用活動が改善される理由、そして採用力向上につながる理由をお伝えします。