社内コミュニケーション活性施策について

オフィスおかん

概要

社内コミュニケーションの不足は、業務効率の低下や働きづらさ、職場への満足度の低下につながります。しかし、改善施策を行うには、一時的ではなく「解決し続ける」ことができるか、また「コミュニケーションの頻度を確保」できるかが肝となります。

そのために有効な施策のひとつが、リフレッシュスペースの設置。さらにリフレッシュスペースに、社食やカフェなどの食コンテンツの機能をもたせる取り組みが注目を集め、導入する企業が増加しています。

本資料では、社内コミュニケーションの解決に役立つリフレッシュスペースの設置や、リフレッシュスペースの活用に効果的な食コンテンツの導入についてのヒントを提案します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社OKANに情報が提供されること、

概要

社内コミュニケーションの不足は、業務効率の低下や働きづらさ、職場への満足度の低下につながります。しかし、改善施策を行うには、一時的ではなく「解決し続ける」ことができるか、また「コミュニケーションの頻度を確保」できるかが肝となります。

そのために有効な施策のひとつが、リフレッシュスペースの設置。さらにリフレッシュスペースに、社食やカフェなどの食コンテンツの機能をもたせる取り組みが注目を集め、導入する企業が増加しています。

本資料では、社内コミュニケーションの解決に役立つリフレッシュスペースの設置や、リフレッシュスペースの活用に効果的な食コンテンツの導入についてのヒントを提案します。

ブックマークしました