IBMが攻めの採用活動を本格化

ビズリーチ・ダイレクト

Thumbnails

概要

人材採用に関わる様々な仕組みを変えようとしている日本IBM。その代表的な施策が「タレントプール」です。

事業部から求人リクエストが入ってから動くのではなく、あらかじめIBMの各事業に適合しそうな候補者をタレントプールに蓄えておき、ニーズが発生したときに、そのなかから絞り込んで採用プロセスに引き継ぐ、という動きをされています。

本資料では、リクルーティングからタレント・アクイジションへの変化、さらにはタレントプールのためのチーム変革をご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

人材採用に関わる様々な仕組みを変えようとしている日本IBM。その代表的な施策が「タレントプール」です。

事業部から求人リクエストが入ってから動くのではなく、あらかじめIBMの各事業に適合しそうな候補者をタレントプールに蓄えておき、ニーズが発生したときに、そのなかから絞り込んで採用プロセスに引き継ぐ、という動きをされています。

本資料では、リクルーティングからタレント・アクイジションへの変化、さらにはタレントプールのためのチーム変革をご紹介します。

ブックマークしました