勘と経験データ化できるかが生き残りのカギ

Sansan

概要

昨年からつづくコロナ禍は、あらゆる分野のデジタル化を加速させました。中でもビジネス上の対面はオンラインへとシフトされ、膨大なデータがやりとりされるようになりました。

滋賀大学データサイセンス学部教授の河本薫氏は「これらのデータを活用できる企業とできない企業との差が大きくなる」と警告しています。コロナ収束後も、オンライン化による人的接点をデータとして収集し、形式知として活用することが必要になってきます。では、「データを活用できない企業」にならないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

本特集では5回にわたり、各界のオピニオンリーダーをインタビュー。今回は滋賀大学の河本氏が、名刺を起点とした「データ」の新しい価値を掘り下げます。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

昨年からつづくコロナ禍は、あらゆる分野のデジタル化を加速させました。中でもビジネス上の対面はオンラインへとシフトされ、膨大なデータがやりとりされるようになりました。

滋賀大学データサイセンス学部教授の河本薫氏は「これらのデータを活用できる企業とできない企業との差が大きくなる」と警告しています。コロナ収束後も、オンライン化による人的接点をデータとして収集し、形式知として活用することが必要になってきます。では、「データを活用できない企業」にならないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

本特集では5回にわたり、各界のオピニオンリーダーをインタビュー。今回は滋賀大学の河本氏が、名刺を起点とした「データ」の新しい価値を掘り下げます。

ブックマークしました