コロナ前から変わらぬ健康診断結果の管理。 そろそろ、健診管理の⽅法を⾒直しませんか︖

オンライン産業医/first call

概要

コロナウイルスの感染拡大は経済活動に大きな影響を与えています。人事は従業員の健康を守るためにも、テレワークに対応しながら業務を行う必要がありますが、人事のテレワーク実施率はわずか31%という調査結果が明らかになりました。

その理由のひとつとして、業務の電子化ができていないことが挙げられます。中でも従業員の健康診断結果は紙管理が主流です。テレワークに切り替わったことで従業員のメンタル不調が増える中、オンラインでストレスチェックや健康診断管理を行い、スムーズに産業医と連携できる体制を整えませんか?

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社Mediplat/メドピアグループに情報が提供されること、

概要

コロナウイルスの感染拡大は経済活動に大きな影響を与えています。人事は従業員の健康を守るためにも、テレワークに対応しながら業務を行う必要がありますが、人事のテレワーク実施率はわずか31%という調査結果が明らかになりました。

その理由のひとつとして、業務の電子化ができていないことが挙げられます。中でも従業員の健康診断結果は紙管理が主流です。テレワークに切り替わったことで従業員のメンタル不調が増える中、オンラインでストレスチェックや健康診断管理を行い、スムーズに産業医と連携できる体制を整えませんか?

ブックマークしました