請求書に関する改正電帳法対策のポイント

Bill One

概要

2022年1月から施行開始となった「電子帳簿保存法」。昨年12月に発表された税制改正大綱で、電子請求書を電子保存する義務に2年の許容期間が設けられました。

「まだ時間があるし、対応しなくても大丈夫だろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかしこの2年で、請求書の電帳法対応をする必要が無くなったわけではありません。

2022年は請求書業務における”見直しと備えの年”になると言えます。

本資料では、税制改正大綱を踏まえた、改正電帳法について、公認会計士がポイントを解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

2022年1月から施行開始となった「電子帳簿保存法」。昨年12月に発表された税制改正大綱で、電子請求書を電子保存する義務に2年の許容期間が設けられました。

「まだ時間があるし、対応しなくても大丈夫だろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかしこの2年で、請求書の電帳法対応をする必要が無くなったわけではありません。

2022年は請求書業務における”見直しと備えの年”になると言えます。

本資料では、税制改正大綱を踏まえた、改正電帳法について、公認会計士がポイントを解説します。

ブックマークしました