2022年の電帳法改正に向けて 今からできる業務改善とは

Bill One

概要

ポストコロナに向けて、2020年12月に令和3年度税制改正大綱が閣議決定され、請求書の電子化に関わる電子帳簿保存法(電帳法)について改正の方向性が示されました。

電帳法の改正を数ヶ月後に控えた今は、企業にとって請求書のペーパーレス化を進める絶好のチャンスです。さらに、2023年10月には消費税に関する「インボイス制度」も導入され、請求書の電子化に向けた動きは大きく加速していくことが予想されています。

本資料では、2022年1月から施行される改正法で緩和される要件の解説を中心に、今から進められる「業務改善のポイント」をまとめました。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

ポストコロナに向けて、2020年12月に令和3年度税制改正大綱が閣議決定され、請求書の電子化に関わる電子帳簿保存法(電帳法)について改正の方向性が示されました。

電帳法の改正を数ヶ月後に控えた今は、企業にとって請求書のペーパーレス化を進める絶好のチャンスです。さらに、2023年10月には消費税に関する「インボイス制度」も導入され、請求書の電子化に向けた動きは大きく加速していくことが予想されています。

本資料では、2022年1月から施行される改正法で緩和される要件の解説を中心に、今から進められる「業務改善のポイント」をまとめました。

ブックマークしました