コロナ禍での「顧客データ危機」を回避せよ

Sansan

概要

新型コロナウイルス感染拡大とともに、多くの企業で商談のオンライン化が進んでいます。昨年行われた調査によると、オンライン商談が以前の約2.5倍になった一方で、名刺交換枚数は約3割減少。オンライン商談で名刺交換をしているビジネスパーソンは2割しかいないことも明らかになりました。

その結果、4人に1人は顧客データを活用することができなくなったと回答し、オンランでも顧客データを活用できている社員はわずか1割という調査結果が出ています。このままでは、将来的な経営にも影響を与える「顧客データ危機」を招く恐れがあります。

本資料では、インスタグラム初代日本事業責任者の長瀬次英氏を迎え、多くの企業が直面している「データ危機」についてのインタビューを掲載しています。


※法人向けクラウド名刺管理サービスSansan「企業の商談・人脈・顧客データに関する意識・実態調査(2020年)」

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルス感染拡大とともに、多くの企業で商談のオンライン化が進んでいます。昨年行われた調査によると、オンライン商談が以前の約2.5倍になった一方で、名刺交換枚数は約3割減少。オンライン商談で名刺交換をしているビジネスパーソンは2割しかいないことも明らかになりました。

その結果、4人に1人は顧客データを活用することができなくなったと回答し、オンランでも顧客データを活用できている社員はわずか1割という調査結果が出ています。このままでは、将来的な経営にも影響を与える「顧客データ危機」を招く恐れがあります。

本資料では、インスタグラム初代日本事業責任者の長瀬次英氏を迎え、多くの企業が直面している「データ危機」についてのインタビューを掲載しています。


※法人向けクラウド名刺管理サービスSansan「企業の商談・人脈・顧客データに関する意識・実態調査(2020年)」

ブックマークしました