内定辞退・早期退職防止。同期のつながりとモチベーションを育てる

バヅクリ

概要

新卒採用後の離職率の高さを課題にしている企業担当者様は多くいらっしゃるのではないでしょうか。ある調査によると、大卒の新卒採用後3年以内の離職率は平均32.8%という結果が出ました。早期離職が高くなると、企業にとってはコストの面で大きなデメリットが生じます。

早期退職をした理由について3割の人が「同期との交流の少なさ、関係性によるもの」と答えています。昨年からつづくコロナ禍の影響で急速にテレワークへ移行する企業が増える中、従業員同士のコミュニケーション不足をどう解決すれば良いでしょうか。

本資料では、深刻化する早期離職と内定辞退率の調査結果を掲載。課題となる「従業員同士のコミュニケーション方法の変化」と対策について解説しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
プレイライフ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新卒採用後の離職率の高さを課題にしている企業担当者様は多くいらっしゃるのではないでしょうか。ある調査によると、大卒の新卒採用後3年以内の離職率は平均32.8%という結果が出ました。早期離職が高くなると、企業にとってはコストの面で大きなデメリットが生じます。

早期退職をした理由について3割の人が「同期との交流の少なさ、関係性によるもの」と答えています。昨年からつづくコロナ禍の影響で急速にテレワークへ移行する企業が増える中、従業員同士のコミュニケーション不足をどう解決すれば良いでしょうか。

本資料では、深刻化する早期離職と内定辞退率の調査結果を掲載。課題となる「従業員同士のコミュニケーション方法の変化」と対策について解説しています。

ブックマークしました