健診関連業務を効率化し、コストを削減しませんか

オンライン産業医/first call

概要

健康診断は労働安全衛生法第66条にて、全ての事業所で実施が必要と定められています。

東京都労働局の調査では、定期健康診断における、東京都の有所見率は年々増加傾向にあり、令和元年の結果では有所見者が54%と半数を超えているという結果になっています。

さらに、テレワーク下においてこれまでの健診関連業務に課題も。

本資料では、新しい働き方に対応した健康診断結果の管理・活用について提案します。

※出典:『 グラフで見る 東京の労働安全衛生 令和2年』 東京労働局(https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo roudoukyoku/content/contents/000807570.pdf)

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社Mediplat/メドピアグループに情報が提供されることに同意して

概要

健康診断は労働安全衛生法第66条にて、全ての事業所で実施が必要と定められています。

東京都労働局の調査では、定期健康診断における、東京都の有所見率は年々増加傾向にあり、令和元年の結果では有所見者が54%と半数を超えているという結果になっています。

さらに、テレワーク下においてこれまでの健診関連業務に課題も。

本資料では、新しい働き方に対応した健康診断結果の管理・活用について提案します。

※出典:『 グラフで見る 東京の労働安全衛生 令和2年』 東京労働局(https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo roudoukyoku/content/contents/000807570.pdf)

ブックマークしました