テレワークによるエンゲージメント低下を防ぐには

SmartHR

概要

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、テレワークを推進した企業を散見します。しかし、働き方が変化したことで新たな問題が叫ばれるようになりました。

それが、「テレワークによる従業員のエンゲージメント低下」です。

「エンゲージメント」とは、従業員の働きやすさや定着率と深い関係がある言葉です。これが低下してしまうと、売上や生産性の低下、または従業員の離職など様々な問題を引き起こします。

そこで本資料では、テレワークとエンゲージメントの関係性と、改善のヒントをご紹介。従業員のパフォーマンスを維持するためにも、ぜひご一読下さい。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、テレワークを推進した企業を散見します。しかし、働き方が変化したことで新たな問題が叫ばれるようになりました。

それが、「テレワークによる従業員のエンゲージメント低下」です。

「エンゲージメント」とは、従業員の働きやすさや定着率と深い関係がある言葉です。これが低下してしまうと、売上や生産性の低下、または従業員の離職など様々な問題を引き起こします。

そこで本資料では、テレワークとエンゲージメントの関係性と、改善のヒントをご紹介。従業員のパフォーマンスを維持するためにも、ぜひご一読下さい。

ブックマークしました