Thumbnails

成長し続ける企業は「5年後の組織図」が明確。人材獲得競争を生き抜く3ステップ

ビズリーチ・ダイレクト

概要

年々、激化する人材獲得競争。とうとう「人材が必要になってから採用を考える」では間に合わない時代になりました。そのため経営者は、目指すべき組織から逆算し、必要な人材、何人採用すべきか、どう経験を積ませていくかを今から明確にしていく必要があります。しかし、「先を据えた人員計画が必要」とはいえ、その未来が「10年後」では、変革のスピードが速い現代においては、遠すぎるかもしれません。

そこで今回の資料では、企業の採用課題がすでに見え始めている5年後を見据える重要性と、目指すべき組織を形にする採用戦略の3ステップについてご紹介いたします。

《目次》

1. 人材採用の現状分析チェックリスト

2. 「5年後」を見据えた人員計画が必要

3. 人材採用戦略STEP 1:5年後の「会社」の姿を描く

4. 人材採用戦略STEP 2:5年後の「組織」を描く

5. 人材採用戦略STEP 3:「人材採用計画」の立案

6. ビズリーチ・ダイレクトの活用法

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

年々、激化する人材獲得競争。とうとう「人材が必要になってから採用を考える」では間に合わない時代になりました。そのため経営者は、目指すべき組織から逆算し、必要な人材、何人採用すべきか、どう経験を積ませていくかを今から明確にしていく必要があります。しかし、「先を据えた人員計画が必要」とはいえ、その未来が「10年後」では、変革のスピードが速い現代においては、遠すぎるかもしれません。

そこで今回の資料では、企業の採用課題がすでに見え始めている5年後を見据える重要性と、目指すべき組織を形にする採用戦略の3ステップについてご紹介いたします。

《目次》

1. 人材採用の現状分析チェックリスト

2. 「5年後」を見据えた人員計画が必要

3. 人材採用戦略STEP 1:5年後の「会社」の姿を描く

4. 人材採用戦略STEP 2:5年後の「組織」を描く

5. 人材採用戦略STEP 3:「人材採用計画」の立案

6. ビズリーチ・ダイレクトの活用法

ブックマークしました