“できること”がゴールではない。生産性を上げるリモートワーク とは

Sansan

概要

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一貫として、政府がリモートワーク を推奨してから約1年が経過しました。アンケート調査によると、現在のリモートワーク実施率は67.3%にものぼり、そのうち8割が「継続を希望する」と回答しています。

緊急事態宣言に伴い、ITツールの導入や通信環境・社内制度の整備に急遽取り組んだ企業も多いのではないでしょうか。「ひとまずリモートワーク対応が完了した状態」では、出社時よりも生産性を高めることはできません。それでは、出社時よりも成果を出すリモートワークを実現するには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、推奨から一年経過したリモートワークの実態を掲載、「攻め」のリモートワークを行うためのポイントをご紹介します。

出典:「テレワークに関する調査2020」日本労働組合総連合会調べ

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一貫として、政府がリモートワーク を推奨してから約1年が経過しました。アンケート調査によると、現在のリモートワーク実施率は67.3%にものぼり、そのうち8割が「継続を希望する」と回答しています。

緊急事態宣言に伴い、ITツールの導入や通信環境・社内制度の整備に急遽取り組んだ企業も多いのではないでしょうか。「ひとまずリモートワーク対応が完了した状態」では、出社時よりも生産性を高めることはできません。それでは、出社時よりも成果を出すリモートワークを実現するには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、推奨から一年経過したリモートワークの実態を掲載、「攻め」のリモートワークを行うためのポイントをご紹介します。

出典:「テレワークに関する調査2020」日本労働組合総連合会調べ

ブックマークしました