500名超の人事調査から判明!戦略人事の意外な「落とし穴」 ~人事労務から踏み出す変革の第一歩とは?~

SmartHR

概要

労働力人口の減少に加え、テレワークを初めとした働き方の多様化が起こる現代において、より経営に近い視点で人事施策を行いビジネス成果向上を目指す「戦略人事」の重要性は一層高まっています。

一方で、戦略人事に取り組んでみたものの、「リソース(人手)不足」が原因で頓挫した企業も少なくありません。つまり、既存業務を十分に効率化できていないと、追加された工数の多い戦略人事をこなすことができず、忙殺されてしまいます。

そこで本資料では、既存業務の効率化について解説。「何から効率化すべきか」「どんなツールを入れるべきか」という疑問にお答えします。リソース不足を解消し、戦略人事を推進する一助となれば幸いです。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

労働力人口の減少に加え、テレワークを初めとした働き方の多様化が起こる現代において、より経営に近い視点で人事施策を行いビジネス成果向上を目指す「戦略人事」の重要性は一層高まっています。

一方で、戦略人事に取り組んでみたものの、「リソース(人手)不足」が原因で頓挫した企業も少なくありません。つまり、既存業務を十分に効率化できていないと、追加された工数の多い戦略人事をこなすことができず、忙殺されてしまいます。

そこで本資料では、既存業務の効率化について解説。「何から効率化すべきか」「どんなツールを入れるべきか」という疑問にお答えします。リソース不足を解消し、戦略人事を推進する一助となれば幸いです。

ブックマークしました