従業員の働く価値とは? 日本マクドナルドの人材採用戦略

ビズリーチ

概要

これまで約2,900店舗のアルバイト採用の戦略と直営店社員の採用をリードしてきた、日本マクドナルド人事本部の植村氏は、「マクドナルドはお客様にハンバーガーを提供するビジネスではなく、ハンバーガーの提供によるピープルビジネスだ」と語ります。

高校生から90歳まで、年齢、国籍、経験もさまざまなクルーが働いているマクドナルドでは、人事採用戦略に「EVP(Employee Value Proposition)」を中心に据えています。その施策はどのようなものなのでしょうか

本資料は、2020年12月に行われた「従業員の働く価値とは?日本マクドナルドの人材採用戦略」と題したWebセミナーの内容をまとめました。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ビズリーチに情報が提供されることに同意して

概要

これまで約2,900店舗のアルバイト採用の戦略と直営店社員の採用をリードしてきた、日本マクドナルド人事本部の植村氏は、「マクドナルドはお客様にハンバーガーを提供するビジネスではなく、ハンバーガーの提供によるピープルビジネスだ」と語ります。

高校生から90歳まで、年齢、国籍、経験もさまざまなクルーが働いているマクドナルドでは、人事採用戦略に「EVP(Employee Value Proposition)」を中心に据えています。その施策はどのようなものなのでしょうか

本資料は、2020年12月に行われた「従業員の働く価値とは?日本マクドナルドの人材採用戦略」と題したWebセミナーの内容をまとめました。

ブックマークしました