人事部の”現状と今後の姿”

SmartHR

概要

多様な価値観を受け入れる組織づくりやダイバーシティへの対応、Withコロナ時代のニューノーマルな働き方が求められる中、「人材力」のカギを握る”人事”に求められる役割は大きく変化しています。

HR総研が人事責任者・担当者に対して行った調査によると、人事に求められる役割は、「人事管理を精密に行う(人材管理のエキスパート)」から「ビジネスの成果に貢献する(ビジネス戦略のパートナー)」が重要になっていることがわかります。

また、「組織・風土改革実行を中心的に担う(組織・風土改革のエージェント)」も微増傾向。つまり、より経営に近い視点での「人材マネジメント」が求められていると言えます。ビジネス成果に貢献するための人材マネジメントは単発的な業務を遂行するためのスキルや知識を獲得するだけではなく、ビジネスにおける「正確な目標設定・進捗管理」「適正な人材配置」「リスク把握と対策」など、視野を広げて戦略的な視点をもつことが重要です。

目次

  • 人事に求められている姿とは?
  • 現在のパフォーマンスには厳しい評価
  • 何が、目指す姿への足かせとなっているのか?
  • 業務分解と工数整理がカギ
  • 工数削減の打ち手とは?
  • どこから着手すべきか?
  • 「情報の再入力」によるムダ工数とリスク
  • 入退社手続きに関するオプション比較
  • 企業に求められる人事であるために
  • SmartHRサービス紹介、導入事例

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

多様な価値観を受け入れる組織づくりやダイバーシティへの対応、Withコロナ時代のニューノーマルな働き方が求められる中、「人材力」のカギを握る”人事”に求められる役割は大きく変化しています。

HR総研が人事責任者・担当者に対して行った調査によると、人事に求められる役割は、「人事管理を精密に行う(人材管理のエキスパート)」から「ビジネスの成果に貢献する(ビジネス戦略のパートナー)」が重要になっていることがわかります。

また、「組織・風土改革実行を中心的に担う(組織・風土改革のエージェント)」も微増傾向。つまり、より経営に近い視点での「人材マネジメント」が求められていると言えます。ビジネス成果に貢献するための人材マネジメントは単発的な業務を遂行するためのスキルや知識を獲得するだけではなく、ビジネスにおける「正確な目標設定・進捗管理」「適正な人材配置」「リスク把握と対策」など、視野を広げて戦略的な視点をもつことが重要です。

目次

  • 人事に求められている姿とは?
  • 現在のパフォーマンスには厳しい評価
  • 何が、目指す姿への足かせとなっているのか?
  • 業務分解と工数整理がカギ
  • 工数削減の打ち手とは?
  • どこから着手すべきか?
  • 「情報の再入力」によるムダ工数とリスク
  • 入退社手続きに関するオプション比較
  • 企業に求められる人事であるために
  • SmartHRサービス紹介、導入事例
ブックマークしました