厳しい「人事の自己採点」。今、人事に求められる役割とは?

SmartHR

概要

人事部門は、広範かつ正確さが求められるオペレーションに追われ、多忙を極めています。しかし、担当者自身に現在のパフォーマンス自己採点を聞いたところ、及第点をつけたのは「わずか12%」という結果でした。

評価が厳しい理由として、「経営者と従業員の期待に応えられていない」「マネジメント力の不足」などの声が挙がっています。人事部門は煩雑で属人的な業務に追われ、本来目指す理想とのギャップを感じているという現状が浮き彫りになりました。

本資料では人事部門が、まず着手すべき業務分解について詳しくまとめました。

この資料でわかること

  • 人事に求められている姿とは?
  • 何が、目指す姿への足かせとなっているのか?
  • 業務分解と工数整理がカギ
  • 工数削減の打ち手とは。どこから着手すべきか?
  • クラウド人事労務ソフト『SmartHR』について​
  • 事例紹介

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

人事部門は、広範かつ正確さが求められるオペレーションに追われ、多忙を極めています。しかし、担当者自身に現在のパフォーマンス自己採点を聞いたところ、及第点をつけたのは「わずか12%」という結果でした。

評価が厳しい理由として、「経営者と従業員の期待に応えられていない」「マネジメント力の不足」などの声が挙がっています。人事部門は煩雑で属人的な業務に追われ、本来目指す理想とのギャップを感じているという現状が浮き彫りになりました。

本資料では人事部門が、まず着手すべき業務分解について詳しくまとめました。

この資料でわかること

  • 人事に求められている姿とは?
  • 何が、目指す姿への足かせとなっているのか?
  • 業務分解と工数整理がカギ
  • 工数削減の打ち手とは。どこから着手すべきか?
  • クラウド人事労務ソフト『SmartHR』について​
  • 事例紹介
ブックマークしました