Thumbnails

KPI・ツール選定・社内調整まで。パナソニックが明かす、採用ブランディングの実践論

概要

「伝統ある大企業」、「停滞する日系メーカー」。そんなイメージで世間から語られがちだったパナソニック。しかし同社が「元祖ジャパン・ベンチャー」としての立ち位置を示し始めていることは、FastGrowの数々のコンテンツにも表れている。背景には、採用活動をマーケティング、とりわけ企業ブランディングの観点からも見直そうとする動きがあるようだ。

はたして何が通常の採用活動と違うのか?そして、彼らはどんな視点でメディアと向き合っているのか?キーパーソンである2人から話を聞いた。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

「伝統ある大企業」、「停滞する日系メーカー」。そんなイメージで世間から語られがちだったパナソニック。しかし同社が「元祖ジャパン・ベンチャー」としての立ち位置を示し始めていることは、FastGrowの数々のコンテンツにも表れている。背景には、採用活動をマーケティング、とりわけ企業ブランディングの観点からも見直そうとする動きがあるようだ。

はたして何が通常の採用活動と違うのか?そして、彼らはどんな視点でメディアと向き合っているのか?キーパーソンである2人から話を聞いた。

ブックマークしました