【知的財産経営】硬直化する組織の壁を突破し、新事業を創出せよ

Sansan

概要

大企業において新規事業の創出を考えるとき、切っても切り離せないのが「知的資産」の整理と活用だ。知的資産とは、人材や技術、ノウハウ、人脈など財務諸表には表れにくい資産を指し、コロナ禍では知的資産を可視化して活用する「知的資産経営」がより注目されている。

しかし、知的資産が豊富にあれば新規事業を創出できるわけではない。では、どのように知的資産を活用して新規事業を生み出せばいいのだろうか。

15年以上新規事業開発を続け、新世代の360度カメラ「RICOH THETA」を生み出した、リコー執行役員・Smart Vision事業本部長の大谷渉氏と 、組織開発のプロフェッショナルであるピョートル・フェリクス・グジバチ氏の対談から、大企業が新規事業を創出するにあたって露呈する組織課題と、その解決方法を探る。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

大企業において新規事業の創出を考えるとき、切っても切り離せないのが「知的資産」の整理と活用だ。知的資産とは、人材や技術、ノウハウ、人脈など財務諸表には表れにくい資産を指し、コロナ禍では知的資産を可視化して活用する「知的資産経営」がより注目されている。

しかし、知的資産が豊富にあれば新規事業を創出できるわけではない。では、どのように知的資産を活用して新規事業を生み出せばいいのだろうか。

15年以上新規事業開発を続け、新世代の360度カメラ「RICOH THETA」を生み出した、リコー執行役員・Smart Vision事業本部長の大谷渉氏と 、組織開発のプロフェッショナルであるピョートル・フェリクス・グジバチ氏の対談から、大企業が新規事業を創出するにあたって露呈する組織課題と、その解決方法を探る。

ブックマークしました