E7b4aac2 685f 4cf8 80e1 dac0bac7411c

「働き方改革」を正しく進めるために。すぐできる「人事・労務改革」

2019年04月01日更新|

75e5f15cc1e723cb4fb673a37a9bd928b0791dba
SmartHR
株式会社SmartHR

概要

いよいよ2019年4月に順次施行となった働き方改革関連法。「働き方改革」への対応は企業にとっての緊急課題です。その中でも、特に注目されているのが、「時間外労働の上限規制」。違反をすると懲役や罰金などの罰則規定があるため、「残業を減らす」ことが大きなテーマとなります。しかし、『残業を減らせ』と連呼するだけで根本的解決を考えなければ意味がありません。

生産性を下げることなく労働時間・残業時間を減らすために必要なのは、「業務の効率化をはかること」です。本資料では、人事・労務のご担当者様に向けて、業務負荷を下げ、生産性を向上させる方法について解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

いよいよ2019年4月に順次施行となった働き方改革関連法。「働き方改革」への対応は企業にとっての緊急課題です。その中でも、特に注目されているのが、「時間外労働の上限規制」。違反をすると懲役や罰金などの罰則規定があるため、「残業を減らす」ことが大きなテーマとなります。しかし、『残業を減らせ』と連呼するだけで根本的解決を考えなければ意味がありません。

生産性を下げることなく労働時間・残業時間を減らすために必要なのは、「業務の効率化をはかること」です。本資料では、人事・労務のご担当者様に向けて、業務負荷を下げ、生産性を向上させる方法について解説します。

ブックマークしました