Cbc9657d 2197 42ab 88b4 ecd3a0a9dcf5

企業が今すぐに「働き方改革」を始めなくてはいけない本当の理由

2019年03月12日更新|

75e5f15cc1e723cb4fb673a37a9bd928b0791dba
SmartHR
株式会社SmartHR

概要

2019年4月の働き方改革法の施行により、いよいよ残業削減が必須になります。しかし、どこから手をつけるべきかについて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そもそも、複数業務を兼務して多忙な傾向にある人事労務担当者の業務効率化を行わないことには、従業員の働き方改革に着手することすら難しくなります。

本資料では、忙しい人事・労務ご担当者に向けて、「どこから着手すべきか?」とクラウド人事労務ソフト『SmartHR』で「煩雑な業務を効率化する方法」についてお伝えします。

この資料でわかること

  • 残業をゼロにする場合、どの程度生産性をあげるべきなのか
  • 生産性を上げないまま残業を減らすことで起こる弊害とは
  • 長時間労働でありながら、労働生産性の低い日本の現状
  • 業務内容のうち、効率化できるのは?
  • 労務分野のデジタル化の大幅な遅れ
  • SmartHRで「生産性の向上と労働時間の削減」を目指す

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年4月の働き方改革法の施行により、いよいよ残業削減が必須になります。しかし、どこから手をつけるべきかについて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そもそも、複数業務を兼務して多忙な傾向にある人事労務担当者の業務効率化を行わないことには、従業員の働き方改革に着手することすら難しくなります。

本資料では、忙しい人事・労務ご担当者に向けて、「どこから着手すべきか?」とクラウド人事労務ソフト『SmartHR』で「煩雑な業務を効率化する方法」についてお伝えします。

この資料でわかること

  • 残業をゼロにする場合、どの程度生産性をあげるべきなのか
  • 生産性を上げないまま残業を減らすことで起こる弊害とは
  • 長時間労働でありながら、労働生産性の低い日本の現状
  • 業務内容のうち、効率化できるのは?
  • 労務分野のデジタル化の大幅な遅れ
  • SmartHRで「生産性の向上と労働時間の削減」を目指す
ブックマークしました