企業が今すぐに「働き方改革」を始めなくてはいけない本当の理由

SmartHR

概要

コロナ禍に伴い、テレワークや時差出勤などの導入・拡大が進む今。貴社では「働き方改革」に取り組めていますか?残念なことに、日本国内は今だ「長時間労働でありながら、労働生産性が低い」というのが現状です。

どうすれば全員が効率よく働ける環境が実現するのでしょうか?まずは、多忙な人事労務担当者の業務を効率化し、会社全体の効率化に着手することが近道です。

本資料では、人事・労務ご担当者に向けて、「労務のどこから着手すべきか?」と、クラウド人事労務ソフトによって「煩雑な業務を効率化する方法」についてお伝えします。

この資料でわかること

  • 残業をゼロにする場合、どの程度生産性をあげるべきなのか
  • 生産性を上げないまま残業を減らすことで起こる弊害とは
  • 長時間労働でありながら、労働生産性の低い日本の現状
  • 業務内容のうち、効率化できるのは?
  • 労務分野のデジタル化の大幅な遅れ
  • SmartHRで「生産性の向上と労働時間の削減」を目指す

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

コロナ禍に伴い、テレワークや時差出勤などの導入・拡大が進む今。貴社では「働き方改革」に取り組めていますか?残念なことに、日本国内は今だ「長時間労働でありながら、労働生産性が低い」というのが現状です。

どうすれば全員が効率よく働ける環境が実現するのでしょうか?まずは、多忙な人事労務担当者の業務を効率化し、会社全体の効率化に着手することが近道です。

本資料では、人事・労務ご担当者に向けて、「労務のどこから着手すべきか?」と、クラウド人事労務ソフトによって「煩雑な業務を効率化する方法」についてお伝えします。

この資料でわかること

  • 残業をゼロにする場合、どの程度生産性をあげるべきなのか
  • 生産性を上げないまま残業を減らすことで起こる弊害とは
  • 長時間労働でありながら、労働生産性の低い日本の現状
  • 業務内容のうち、効率化できるのは?
  • 労務分野のデジタル化の大幅な遅れ
  • SmartHRで「生産性の向上と労働時間の削減」を目指す
ブックマークしました