コロナ禍の働き方の課題にせまる。距離ある時代のコミュニケーションのススメ

SmartHR

概要

新型コロナウイルスの影響などにより、テレワークをはじめとした「新しい働き方」は、より身近なものになりました。一方で、従業員同士のコミュニケーション不足を問題としている企業も増加しています。

アンケート調査によると、7割以上がテレワーク導入により「気軽なコミュニケーションが取りにくくなった」と回答しており、同僚や会社との間に物理的・精神的に距離が生まれつつあることがわかります。このような状況下で、従業員の信頼関係をどう築いていけば良いのでしょうか。

本資料は、2020年12月に開催されたSmartHR主催のオンラインカンファレンス「WORK and FES」のトークセッションの内容をまとめました。コロナ禍のコミュニケーションに課題を感じているご担当者様はぜひご一読ください。

※ 出典:月刊総務アンケート調査

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルスの影響などにより、テレワークをはじめとした「新しい働き方」は、より身近なものになりました。一方で、従業員同士のコミュニケーション不足を問題としている企業も増加しています。

アンケート調査によると、7割以上がテレワーク導入により「気軽なコミュニケーションが取りにくくなった」と回答しており、同僚や会社との間に物理的・精神的に距離が生まれつつあることがわかります。このような状況下で、従業員の信頼関係をどう築いていけば良いのでしょうか。

本資料は、2020年12月に開催されたSmartHR主催のオンラインカンファレンス「WORK and FES」のトークセッションの内容をまとめました。コロナ禍のコミュニケーションに課題を感じているご担当者様はぜひご一読ください。

※ 出典:月刊総務アンケート調査

ブックマークしました