いまから始めるインサイドセールス

Salesforce

概要

総務省の調査によると、生産年齢人口は、2015年から2040年までに約2,000万人近く減少すると推計されています。生産年齢人口の大幅な減少という社会問題を抱えながらも、企業は継続的に成長をし続けなければなりません。その成長の源泉となる営業人材の獲得もこれまで以上に困難を極めると考えられます。優秀な人材の獲得がさらに熾烈化する今後を視野に入れ、個人の能力に依存するのではなく、継続して売上をあげる「組織」と「仕組み」を持つことが今の企業に求められているのかもしれません。

そして近年、これまでの全てを担う“営業”スタイルを分業化する「仕組み」として、内勤営業(インサイドセールス)の立ち上げへ取り組む企業が増えています。一方で、インサイドセールスを始める上で見直すべき、従来の営業スタイルが抱える4つの思い込みがあることを皆様はお気づきでしょうか。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社セールスフォース・ジャパンに情報が提供されること、

概要

総務省の調査によると、生産年齢人口は、2015年から2040年までに約2,000万人近く減少すると推計されています。生産年齢人口の大幅な減少という社会問題を抱えながらも、企業は継続的に成長をし続けなければなりません。その成長の源泉となる営業人材の獲得もこれまで以上に困難を極めると考えられます。優秀な人材の獲得がさらに熾烈化する今後を視野に入れ、個人の能力に依存するのではなく、継続して売上をあげる「組織」と「仕組み」を持つことが今の企業に求められているのかもしれません。

そして近年、これまでの全てを担う“営業”スタイルを分業化する「仕組み」として、内勤営業(インサイドセールス)の立ち上げへ取り組む企業が増えています。一方で、インサイドセールスを始める上で見直すべき、従来の営業スタイルが抱える4つの思い込みがあることを皆様はお気づきでしょうか。

ブックマークしました