Thumbnails

人事・労務システムでできることと、失敗しないポイント

SmartHR

概要

昨今、人事・労務関連の業務はますます高度化しています。「働き方改革関連法への対応」や「マイナンバーの管理」「煩雑な役所の手続き」など、人の手で行うには限界があるため、運用を見直す企業が増えています。

そこで、効率化のために選ばれているのが「人事・労務管理システム」です。しかし、どのような点に注意して、選定するべきなのでしょうか?本資料では、「人事・労務管理システム」でできることと、注意すべきポイントをわかりやすくまとめました。システムの導入・見直しをお考えのご担当者様はぜひ、ご一読ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

昨今、人事・労務関連の業務はますます高度化しています。「働き方改革関連法への対応」や「マイナンバーの管理」「煩雑な役所の手続き」など、人の手で行うには限界があるため、運用を見直す企業が増えています。

そこで、効率化のために選ばれているのが「人事・労務管理システム」です。しかし、どのような点に注意して、選定するべきなのでしょうか?本資料では、「人事・労務管理システム」でできることと、注意すべきポイントをわかりやすくまとめました。システムの導入・見直しをお考えのご担当者様はぜひ、ご一読ください。

ブックマークしました