グローバル人事改革 ~5つの巨大企業はどのようにデジタル時代に対応したか~

Workday

8fb89afd 572a 43cc bc10 48a014fdf786

概要

人財管理に関する課題は、ヒューレット・パッカード、日立製作所、Sanofi、フレクトロニクス、Abbottといった、よく知られた巨大グローバル企業においても例外ではありませんでした。度重なるM&Aによってますます複雑になるシステム環境は、非効率な業務を生むだけでなく、自社のワークフォースをグローバルで把握し、最適な人財配置を行うのを困難にします。M&Aだけでなく、分社化や企業文化の改革などを行う場合にも、戦略的な意思決定をタイムリーに行えるよう、財務・組織・人財に関する正確な情報を集める必要があります。

それでは、これら5社は、人財管理においてどのような課題をもち、一体どのような方法で困難な状況を改善したのでしょうか。詳しくは、資料をぜひご覧ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

人財管理に関する課題は、ヒューレット・パッカード、日立製作所、Sanofi、フレクトロニクス、Abbottといった、よく知られた巨大グローバル企業においても例外ではありませんでした。度重なるM&Aによってますます複雑になるシステム環境は、非効率な業務を生むだけでなく、自社のワークフォースをグローバルで把握し、最適な人財配置を行うのを困難にします。M&Aだけでなく、分社化や企業文化の改革などを行う場合にも、戦略的な意思決定をタイムリーに行えるよう、財務・組織・人財に関する正確な情報を集める必要があります。

それでは、これら5社は、人財管理においてどのような課題をもち、一体どのような方法で困難な状況を改善したのでしょうか。詳しくは、資料をぜひご覧ください。

ブックマークしました