Thumbnails

労務のアウトソーシングは「内製化」で効率化

SmartHR

概要

効率化・コスト削減のためのアウトソーシングをしていても、スムーズに進まず妨げになっていませんか?しかし「働き方改革」が叫ばれる今、労務関連業務の効率化は必須です。

一方で、担当者は増やさず、コスト削減し効率化のために労務を「内製化」する企業が増えています。「入社手続き」や「雇用契約」、「作成した書類の役所への申請」、「マイナンバーの収集、管理」などはかんたんに内製化できます! 詳しくは資料をご覧ください。

ひとつでも当てはまる方は資料をご覧ください

  • ​「紙」の手続きが多く煩雑。人為的ミスも起こっている
  • お互いに必要な情報、意図がわからず、コミュニケーションロスが起こっている
  • 対応の遅さ、タイムラグが発生している
  • 会社の急成長に委託先が対応しきれなくなってきている
  • 社労士への情報提供、確認、調整に多くの手間がかかっている

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

効率化・コスト削減のためのアウトソーシングをしていても、スムーズに進まず妨げになっていませんか?しかし「働き方改革」が叫ばれる今、労務関連業務の効率化は必須です。

一方で、担当者は増やさず、コスト削減し効率化のために労務を「内製化」する企業が増えています。「入社手続き」や「雇用契約」、「作成した書類の役所への申請」、「マイナンバーの収集、管理」などはかんたんに内製化できます! 詳しくは資料をご覧ください。

ひとつでも当てはまる方は資料をご覧ください

  • ​「紙」の手続きが多く煩雑。人為的ミスも起こっている
  • お互いに必要な情報、意図がわからず、コミュニケーションロスが起こっている
  • 対応の遅さ、タイムラグが発生している
  • 会社の急成長に委託先が対応しきれなくなってきている
  • 社労士への情報提供、確認、調整に多くの手間がかかっている
ブックマークしました