44046dcd b62f 4589 ac8f e8673d5bd576

「攻めの人事部」を実現する給与計算システムの選び方

2019年04月15日更新|

0ecd2e91923d100b5f0c5ea18d7a3fac52dfc245
SAP SuccessFactors
SAPジャパン株式会社

概要

「働き方改革」への対応も課題となるなか、人事・労務などの業務を担ってきた企業の人事部もまた変革を迫られています。給与計算や勤怠管理といった社内の管理業務に加え、採用や育成など人事戦略の強化も求められており、人事部にかかる業務負担はこれまで以上に大きくなっています。

人材不足でも増員が望めない状況で、これらの業務を処理していくためには、ひとつ一つの業務を効率化していかなければなりません。特にシステムの導入による業務のスピードアップは不可欠と言えるでしょう。そこで本資料では、管理業務のなかでも特に担当者の負担が大きい給与計算について、システムを導入する際のポイントを解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

「働き方改革」への対応も課題となるなか、人事・労務などの業務を担ってきた企業の人事部もまた変革を迫られています。給与計算や勤怠管理といった社内の管理業務に加え、採用や育成など人事戦略の強化も求められており、人事部にかかる業務負担はこれまで以上に大きくなっています。

人材不足でも増員が望めない状況で、これらの業務を処理していくためには、ひとつ一つの業務を効率化していかなければなりません。特にシステムの導入による業務のスピードアップは不可欠と言えるでしょう。そこで本資料では、管理業務のなかでも特に担当者の負担が大きい給与計算について、システムを導入する際のポイントを解説します。

ブックマークしました