3分でわかる!クリエイター・IT人材の採用戦略・採用代行の活用の方法

クリーク・アンド・リバー

概要

人口減少や競争激化により、近年、デザイナー、Webディレクター、エンジニアなどのプロフェッショナルクリエイターやIT人材の採用難易度が上がっています。調査によると、IT人材確保に真剣に取り組む企業ほど採用側の知識不足を感じており、その50%が「求職者のスキルを把握する定量的・客観的な基準がない」ことを採用判断が難しい原因としています。

また、いい採用ができない会社に共通する理由として、「採用を片手間で行なっている」ことが挙げられます。そのため、採用のノウハウが蓄積されず、良いIT人材に対して専門知識をもとに交渉することは至難のわざです。

そこで本資料では、採用のプロが持つ“高い交渉力 や”ノウハウ”を最大限に活用する方法についてお伝えします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社クリーク・アンド・リバー社に情報が提供されることに同意して

概要

人口減少や競争激化により、近年、デザイナー、Webディレクター、エンジニアなどのプロフェッショナルクリエイターやIT人材の採用難易度が上がっています。調査によると、IT人材確保に真剣に取り組む企業ほど採用側の知識不足を感じており、その50%が「求職者のスキルを把握する定量的・客観的な基準がない」ことを採用判断が難しい原因としています。

また、いい採用ができない会社に共通する理由として、「採用を片手間で行なっている」ことが挙げられます。そのため、採用のノウハウが蓄積されず、良いIT人材に対して専門知識をもとに交渉することは至難のわざです。

そこで本資料では、採用のプロが持つ“高い交渉力 や”ノウハウ”を最大限に活用する方法についてお伝えします。

ブックマークしました