勘と経験を卒業!データを使った人材マネジメント 2社の具体例

SmartHR

概要

第三次産業の増加や情報技術の発達により産業モデルが模倣されやすくなってきたことから、事業そのものだけではなく、それを実行する人・組織の力が重要性を増してきています。そのために、企業の人事部門に求められるようになったのが、従業員やスタッフの力を引き出し、事業成長につなげるための「人材マネジメント」です。

多くの企業で行われる人材マネジメントは、上席者の「勘と経験」によるものがほとんどです。しかし、これらだけを頼りにしていては、人や組織の力を引き出せないことは、経験から身に染みている方も多いのではないでしょうか。そこで有効となるのが、従業員の「エンゲージメント」を高めるための施策と、それを検討する土台となる「従業員サーベイ」のデータ活用です。

本資料では、「エンゲージメント」「従業員サーベイ」という視点で人材マネジメントに取り組んだ2社の具体的な事例をご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

第三次産業の増加や情報技術の発達により産業モデルが模倣されやすくなってきたことから、事業そのものだけではなく、それを実行する人・組織の力が重要性を増してきています。そのために、企業の人事部門に求められるようになったのが、従業員やスタッフの力を引き出し、事業成長につなげるための「人材マネジメント」です。

多くの企業で行われる人材マネジメントは、上席者の「勘と経験」によるものがほとんどです。しかし、これらだけを頼りにしていては、人や組織の力を引き出せないことは、経験から身に染みている方も多いのではないでしょうか。そこで有効となるのが、従業員の「エンゲージメント」を高めるための施策と、それを検討する土台となる「従業員サーベイ」のデータ活用です。

本資料では、「エンゲージメント」「従業員サーベイ」という視点で人材マネジメントに取り組んだ2社の具体的な事例をご紹介します。

ブックマークしました