スカウト型採用サービスを効果的に使う5つのルール

ビズリーチ

概要

従来の募集型採用手法では、思うように採用ができないと悩む反面、スカウト型採用サービスは「時間が割けない」「書き方がわからない」等の理由から、ハードルが高いと感じている採用担当者様も多いのではないでしょうか。確かに、スカウト型採用サービスにおいて、スカウトに時間を割きアプローチ継続することは重要ですが、ファーストアプローチから入社まで求職者と直接やりとりできるこの方法は、現在の売り手市場には非常に有効な手段と言えます。

本資料は、スカウト型採用サービスで実際に成果を出している企業が行っているポイントをまとめております。習慣化させ、継続することで欲しい人材を獲得できるスカウト型採用サービスをこの機会にぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ビズリーチに情報が提供されることに同意して

概要

従来の募集型採用手法では、思うように採用ができないと悩む反面、スカウト型採用サービスは「時間が割けない」「書き方がわからない」等の理由から、ハードルが高いと感じている採用担当者様も多いのではないでしょうか。確かに、スカウト型採用サービスにおいて、スカウトに時間を割きアプローチ継続することは重要ですが、ファーストアプローチから入社まで求職者と直接やりとりできるこの方法は、現在の売り手市場には非常に有効な手段と言えます。

本資料は、スカウト型採用サービスで実際に成果を出している企業が行っているポイントをまとめております。習慣化させ、継続することで欲しい人材を獲得できるスカウト型採用サービスをこの機会にぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

ブックマークしました