Thumbnails

マネーフォワードクラウド勤怠で働き方改革

マネーフォワードクラウド勤怠

概要

2019年4月にスタートした働き方改革関連法により、働き方が多様化する一方で、勤怠管理業務は煩雑化を増しています。その影響もあり、年々クラウドサービスを導入する企業は増え続けています。自動化することで業務負担を大幅に軽減するクラウドサービスは、「働き方改革」の強い味方となる故に、今や大企業だけにとどまらず中小企業へも活用が広まっているのです。

本資料では、勤怠管理に関する課題ごとに「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決法をわかりやすくご紹介しております。「従業員が100名を超え、勤怠管理で何とかしたい課題がある」と思ったら、これを読んでスッキリ解決してみませんか。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年4月にスタートした働き方改革関連法により、働き方が多様化する一方で、勤怠管理業務は煩雑化を増しています。その影響もあり、年々クラウドサービスを導入する企業は増え続けています。自動化することで業務負担を大幅に軽減するクラウドサービスは、「働き方改革」の強い味方となる故に、今や大企業だけにとどまらず中小企業へも活用が広まっているのです。

本資料では、勤怠管理に関する課題ごとに「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決法をわかりやすくご紹介しております。「従業員が100名を超え、勤怠管理で何とかしたい課題がある」と思ったら、これを読んでスッキリ解決してみませんか。

ブックマークしました