事例から紐解く 人事DXのステップと注意点

HRBrain

概要

昨今、経営にまで影響する人材マネジメントをこなす「戦略人事」など、人事部門の改革が求められると共に、改革の基礎を作るDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が急務となっています。

しかし、DXを推進するシステムの選定は注意が必要です。現場の使い勝手を考慮しなかった結果「導入したシステムが使いづらい」と声が上がり、Excel運用に逆戻りしたケースもあります。では、どのように始めるべきなのでしょうか?

そこで本資料では、これから人事DXを始める方に向けた進め方と、その注意点について解説。人事DXは、運用する現場と連携しながら1ステップずつ段階を踏むことで企業全体に浸透させることができます。ぜひ資料をご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社HRBrainに情報が提供されること、

概要

昨今、経営にまで影響する人材マネジメントをこなす「戦略人事」など、人事部門の改革が求められると共に、改革の基礎を作るDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が急務となっています。

しかし、DXを推進するシステムの選定は注意が必要です。現場の使い勝手を考慮しなかった結果「導入したシステムが使いづらい」と声が上がり、Excel運用に逆戻りしたケースもあります。では、どのように始めるべきなのでしょうか?

そこで本資料では、これから人事DXを始める方に向けた進め方と、その注意点について解説。人事DXは、運用する現場と連携しながら1ステップずつ段階を踏むことで企業全体に浸透させることができます。ぜひ資料をご覧ください。

ブックマークしました