知らなかったでは済まされない「働き方改革関連法」の基礎知識

SmartHR

概要

昨年施行され、大企業から順番に適用されている働き方改革関連法案の一つ「労働時間の上限規制」は2020年4月から中小企業も適用対象に含まれるようになりました。

万が一違反してしまった場合、「6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」といったペナルティを課される可能性があります。

そこで、本資料では、「労働時間の上限規制」について優先的に対処すべきポイントをまとめました。フレックスタイムの盲点や有休に関する働き方改革の必見知識についてもあわせて解説します。

この資料でわかること

  • 働き方改革関連法の企業区分と各項目
  • 大企業の優先対応事項と注意点
  • 働き方改革関連法 必見知識
  • 働き方改革実現へ、絶対に踏み外せない第一歩
  • 人事労務効率化を後押しする「SmartHR」とは?

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されます

概要

昨年施行され、大企業から順番に適用されている働き方改革関連法案の一つ「労働時間の上限規制」は2020年4月から中小企業も適用対象に含まれるようになりました。

万が一違反してしまった場合、「6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」といったペナルティを課される可能性があります。

そこで、本資料では、「労働時間の上限規制」について優先的に対処すべきポイントをまとめました。フレックスタイムの盲点や有休に関する働き方改革の必見知識についてもあわせて解説します。

この資料でわかること

  • 働き方改革関連法の企業区分と各項目
  • 大企業の優先対応事項と注意点
  • 働き方改革関連法 必見知識
  • 働き方改革実現へ、絶対に踏み外せない第一歩
  • 人事労務効率化を後押しする「SmartHR」とは?
ブックマークしました