Thumbnails

知らなかったでは済まされない「働き方改革関連法」の基礎知識

SmartHR

概要

2019年4月から施行となった働き方改革関連法。人事・労務のご担当者様、企業が注意すべきポイントを正しく把握できていますか?

この度の働き方改革関連法では、「大企業」と「中小企業」とで施行時期が異なり、どちらに当てはまるかで優先的に対応すべき項目も変わってきます。また、「時間外労働の罰則付き上限規制」や「年次有給休暇管理簿の作成・保存義務」など、多くの留意すべき点があります。

本資料では、人事・労務のご担当者様に向けて、企業が特に注意すべき点や見直すべきポイントをわかりやすくまとめました。またクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を導入することで、業務負荷を下げ、生産性を向上させる方法についても解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年4月から施行となった働き方改革関連法。人事・労務のご担当者様、企業が注意すべきポイントを正しく把握できていますか?

この度の働き方改革関連法では、「大企業」と「中小企業」とで施行時期が異なり、どちらに当てはまるかで優先的に対応すべき項目も変わってきます。また、「時間外労働の罰則付き上限規制」や「年次有給休暇管理簿の作成・保存義務」など、多くの留意すべき点があります。

本資料では、人事・労務のご担当者様に向けて、企業が特に注意すべき点や見直すべきポイントをわかりやすくまとめました。またクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を導入することで、業務負荷を下げ、生産性を向上させる方法についても解説します。

ブックマークしました