採用ミスマッチ1人あたり数百万円の損失!?ミスマッチを防ぐ方法

back check

概要

採用のミスマッチにより早期退職された場合の具体的な損失額をご存知ですか?実は、採用コストや教育コストのみ計算しても、1人あたり約180万円を損失しています。さらに、その社員が稼ぐはずであった利益などを含めると、損失額は倍以上になります。

ここから、採用のミスマッチは何としてでも避けるべきなのがわかります。しかし、「社風のミスマッチ」「フォローアップでのミスマッチ」などは、入社後しばらくしてから判明するため、面接や筆記試験といった従来の採用プロセスではミスマッチを見抜くことが困難です。

そこで本資料では、様々な選考方法のメリットとデメリットを解説しながら、採用時にミスマッチを防ぐ方法を紹介しています。自社にあった優秀な社員を採用するための一助となれば幸いです。


すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ROXXに情報が提供されること、

概要

採用のミスマッチにより早期退職された場合の具体的な損失額をご存知ですか?実は、採用コストや教育コストのみ計算しても、1人あたり約180万円を損失しています。さらに、その社員が稼ぐはずであった利益などを含めると、損失額は倍以上になります。

ここから、採用のミスマッチは何としてでも避けるべきなのがわかります。しかし、「社風のミスマッチ」「フォローアップでのミスマッチ」などは、入社後しばらくしてから判明するため、面接や筆記試験といった従来の採用プロセスではミスマッチを見抜くことが困難です。

そこで本資料では、様々な選考方法のメリットとデメリットを解説しながら、採用時にミスマッチを防ぐ方法を紹介しています。自社にあった優秀な社員を採用するための一助となれば幸いです。


ブックマークしました