採用ミスマッチ1人あたり数百万円の損失!?ミスマッチを防ぐ方法

back check

概要

採用のミスマッチにより早期退職された場合の具体的な損失額をご存知ですか?実は、採用コストや教育コストのみ計算しても、1人あたり約180万円を損失しています。さらに、その社員が稼ぐはずであった利益などを含めると、損失額は倍以上になります。

ここから、採用のミスマッチは何としてでも避けるべきなのがわかります。しかし、「社風のミスマッチ」「フォローアップでのミスマッチ」などは、入社後しばらくしてから判明するため、面接や筆記試験といった従来の採用プロセスではミスマッチを見抜くことが困難です。

そこで本資料では、様々な選考方法のメリットとデメリットを解説しながら、採用時にミスマッチを防ぐ方法を紹介しています。自社にあった優秀な社員を採用するための一助となれば幸いです。


資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ROXXに情報が提供されることに同意して

概要

採用のミスマッチにより早期退職された場合の具体的な損失額をご存知ですか?実は、採用コストや教育コストのみ計算しても、1人あたり約180万円を損失しています。さらに、その社員が稼ぐはずであった利益などを含めると、損失額は倍以上になります。

ここから、採用のミスマッチは何としてでも避けるべきなのがわかります。しかし、「社風のミスマッチ」「フォローアップでのミスマッチ」などは、入社後しばらくしてから判明するため、面接や筆記試験といった従来の採用プロセスではミスマッチを見抜くことが困難です。

そこで本資料では、様々な選考方法のメリットとデメリットを解説しながら、採用時にミスマッチを防ぐ方法を紹介しています。自社にあった優秀な社員を採用するための一助となれば幸いです。


ブックマークしました