Thumbnails

英語でビジネスが「できる人」と「できない人」を見分けるには英語スピーキングテストが有効!

VERSANT(ヴァ-サント)スピーキングテスト

概要

リスニングやリーディングのテストで高得点でも、実際に仕事で英語を使えるとは限りません。グローバルでのビジネスが増える中で、日々の業務で英語を実際に使いこなせるかが重要です。特に日本のビジネスパースンが苦手とする英語スピーキング力の強化が最大の課題といえるのではないでしょうか。このため、英語スピーキングテストを導入する企業が急速に増えつつあります。

世界100カ国以上で導入されているVERSANT(ヴァーサント)は英語スピーキング力を詳細かつ客観的に採点できることが評価され、国内では金融大手など約200社が導入しています。スマホで手軽に受験でき、しかもスコアがすぐにわかります。社員の英語力の把握に加え、人材採用時に選考の指標としても活用されています。欧米のグローバル企業も採用するVERSANTの導入に関心ある方はぜひ、ご覧ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

リスニングやリーディングのテストで高得点でも、実際に仕事で英語を使えるとは限りません。グローバルでのビジネスが増える中で、日々の業務で英語を実際に使いこなせるかが重要です。特に日本のビジネスパースンが苦手とする英語スピーキング力の強化が最大の課題といえるのではないでしょうか。このため、英語スピーキングテストを導入する企業が急速に増えつつあります。

世界100カ国以上で導入されているVERSANT(ヴァーサント)は英語スピーキング力を詳細かつ客観的に採点できることが評価され、国内では金融大手など約200社が導入しています。スマホで手軽に受験でき、しかもスコアがすぐにわかります。社員の英語力の把握に加え、人材採用時に選考の指標としても活用されています。欧米のグローバル企業も採用するVERSANTの導入に関心ある方はぜひ、ご覧ください。

ブックマークしました