テレワークでの組織課題に早めに気づくには?隠れ不活性人材を生まないヒント

SmartHR

概要

「不活性人材」という言葉を耳にしたことがありますか?

もともとはモチベーション高く仕事に向き合い成果を出していたのに、いつの間にかパフォーマンス(生産性)が低下しやる気がなくなってしまった人材を指す言葉です。

その発生要因は様々ですが、昨今「テレワーク」という働き方の大きな変化によって、この「不活性人材」が発生するケースが散見されています。不活性人材は一見個人の問題のようにも見えますが、周囲のモチベーション低下にもつながる「組織の課題」です。

この資料では、不活性人材を生み出さないための取り組みや、その改善に向けた考え方について紹介しています。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

「不活性人材」という言葉を耳にしたことがありますか?

もともとはモチベーション高く仕事に向き合い成果を出していたのに、いつの間にかパフォーマンス(生産性)が低下しやる気がなくなってしまった人材を指す言葉です。

その発生要因は様々ですが、昨今「テレワーク」という働き方の大きな変化によって、この「不活性人材」が発生するケースが散見されています。不活性人材は一見個人の問題のようにも見えますが、周囲のモチベーション低下にもつながる「組織の課題」です。

この資料では、不活性人材を生み出さないための取り組みや、その改善に向けた考え方について紹介しています。

ブックマークしました