Thumbnails

【経理部門・経費精算業務に関わる方へ】貴社の経理は増税に対応できていますか?増税前に検討すべき「経費精算」のシステム化

楽楽精算

概要

【経理担当者、経費精算業務に関わる方向け】

2019年10月より消費税が10%に引き上げられますが、軽減税率や経過措置のため経費によって税率が変わる点に注意が必要です。そのため経費精算時に正しい税率で計算がされているかチェックが必要になるなど、経費精算が複雑になります。

10月以降の増税にスムーズに対応するためには経費精算のシステム化が有効です。数々の経費精算システムがある中でも「楽楽精算」は増税対応がしっかりできる上、ムダな業務を減らすことができ、従業員100名規模の会社で経費精算の工数を80%削減します。

この資料では増税による経費精算への影響はどのようなものか、経費精算を「楽楽精算」でシステム化するとどのようなメリットがあるか、パタゴニア・ファーストキッチンなどの大手企業の導入事例をご覧いただけます。資料をダウンロードして、今すぐ経費精算システムの検討を始めましょう!

以下のお悩みをお持ちの【経理部門・経費精算業務に関わる部署】の皆様におすすめです

  • 経費精算の増税対応がまだできていない、完了しているつもりだが不安
  • 仕訳作業などに経費精算業務よる月末月初の残業を減らしたい
  • 経費精算の申請ミス、手戻りを無くしたい
  • 経費精算書の入力、チェックの手間を楽にしたい
  • 仕訳や支払処理など時間のかかる作業を早く終わらせたい

※資料をご覧いただいた方には株式会社ラクスの担当者よりお電話をさせていただきます。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

【経理担当者、経費精算業務に関わる方向け】

2019年10月より消費税が10%に引き上げられますが、軽減税率や経過措置のため経費によって税率が変わる点に注意が必要です。そのため経費精算時に正しい税率で計算がされているかチェックが必要になるなど、経費精算が複雑になります。

10月以降の増税にスムーズに対応するためには経費精算のシステム化が有効です。数々の経費精算システムがある中でも「楽楽精算」は増税対応がしっかりできる上、ムダな業務を減らすことができ、従業員100名規模の会社で経費精算の工数を80%削減します。

この資料では増税による経費精算への影響はどのようなものか、経費精算を「楽楽精算」でシステム化するとどのようなメリットがあるか、パタゴニア・ファーストキッチンなどの大手企業の導入事例をご覧いただけます。資料をダウンロードして、今すぐ経費精算システムの検討を始めましょう!

以下のお悩みをお持ちの【経理部門・経費精算業務に関わる部署】の皆様におすすめです

  • 経費精算の増税対応がまだできていない、完了しているつもりだが不安
  • 仕訳作業などに経費精算業務よる月末月初の残業を減らしたい
  • 経費精算の申請ミス、手戻りを無くしたい
  • 経費精算書の入力、チェックの手間を楽にしたい
  • 仕訳や支払処理など時間のかかる作業を早く終わらせたい

※資料をご覧いただいた方には株式会社ラクスの担当者よりお電話をさせていただきます。

ブックマークしました