Thumbnails

2020年4月からの電子申請義務化、対応ポイントは

SmartHR

概要

2020年4月1日から各種行政手続について電子申請の義務化が始まります。

資本金等が1億円を超える法人は、2020年の4月から、社会保険手続を紙ではなく電子申請で行う義務があります。まず対象となるのは資本金が1億円を超える大企業のみですが、特に雇用保険関係の入退社の手続き、年次業務(算定、年度更新、月額変更など)については、待ったなしの対応に迫られます。では、どのように申請をするべきなのでしょうか?

本資料では、「電子申請義務化」への2つの対応方法とそれぞれのメリット・デメリット、そしてクラウド労務管理ソフト「SmartHR」についてわかりやすく解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2020年4月1日から各種行政手続について電子申請の義務化が始まります。

資本金等が1億円を超える法人は、2020年の4月から、社会保険手続を紙ではなく電子申請で行う義務があります。まず対象となるのは資本金が1億円を超える大企業のみですが、特に雇用保険関係の入退社の手続き、年次業務(算定、年度更新、月額変更など)については、待ったなしの対応に迫られます。では、どのように申請をするべきなのでしょうか?

本資料では、「電子申請義務化」への2つの対応方法とそれぞれのメリット・デメリット、そしてクラウド労務管理ソフト「SmartHR」についてわかりやすく解説します。

ブックマークしました