Thumbnails

継続的な人材育成の仕組みをつくる方法とは?

Biz CAMPUS

概要

2019年度の新入社員を対象としたキャリアに対する意識調査によると、仕事を通じて成し遂げたいことの1位は「自己成長」。ですが、実は90%以上の企業が「人材育成」に何らかの課題をかかえているといわれています。

多くの企業が人材育成のための研修を取り入れていますが、研修には階層別や手法別など、様々な種類があり、自社だけで対応するのはなかなか難しいのではないでしょうか。また、人材育成のためだけに専任者を置くのは難しいというお声も聞きます。

そこで、本資料では社員教育に力を入れたい企業様に向け、「継続的な人材育成の仕組みを作る方法」を提案します。

このような方におすすめです

  • 従業員の増加に伴い人材育成を検討しているが、何から手を付けて良いのか分からない
  • 予算の問題でなかなか上司の承認を得られない
  • 階層・職種によって教育の取り組み状況にバラつきがある
  • 他の業務が忙しく研修運用だけに時間を割けない

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年度の新入社員を対象としたキャリアに対する意識調査によると、仕事を通じて成し遂げたいことの1位は「自己成長」。ですが、実は90%以上の企業が「人材育成」に何らかの課題をかかえているといわれています。

多くの企業が人材育成のための研修を取り入れていますが、研修には階層別や手法別など、様々な種類があり、自社だけで対応するのはなかなか難しいのではないでしょうか。また、人材育成のためだけに専任者を置くのは難しいというお声も聞きます。

そこで、本資料では社員教育に力を入れたい企業様に向け、「継続的な人材育成の仕組みを作る方法」を提案します。

このような方におすすめです

  • 従業員の増加に伴い人材育成を検討しているが、何から手を付けて良いのか分からない
  • 予算の問題でなかなか上司の承認を得られない
  • 階層・職種によって教育の取り組み状況にバラつきがある
  • 他の業務が忙しく研修運用だけに時間を割けない
ブックマークしました