Thumbnails

睡眠で負荷なく休退職を防いでみませんか?

SLEEP Retention

概要

2012年から7年間かけて10万人の離職・ストレスチェックデータ結果を基に、なぜ人が休退職するのか?を調査した発表で、人が辞める要因として最も影響が大きかったのが、「生産性」「適正・性格」「上司との人間関係」「残業時間」ではなく「睡眠習慣」であることが明らかになりました。

※:志村哲祥(東京医科大)など (2019)

 睡眠の問題は職務要因とは独立した有意な離職リスク因子であり、実は、睡眠習慣が休退職リスク向上に最も寄与しているのです。日本初のサービス「SLEEP Retention」は、アプリ×クラウドダッシュボードの組み合わせにより、自動で「休退職の検知と対策」ができ、従業員が「自発的に」睡眠を改善し、休退職を事前に防ぐ好循環な状態を実現します。

本資料では、休退職と睡眠の関係や、実際にサービスを導入された他社様の事例や成果などを詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

このような方におすすめです

・休退職の発生による、引き継ぎ・欠員補充・ノウハウの損失・同僚の心的ケアの発生や現場の疲弊に困っている

・休退職者数の削減のために、まず取り組むべき課題がわからない

・現状で分かっている離職理由が、「上長や同僚との人間関係」のため、解決しづらい

・個人介入の必要性を感じているが、誰にアプローチすべきかわからなかったり、従業員に心理的負担をかけずに介入することが難しいと感じている

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2012年から7年間かけて10万人の離職・ストレスチェックデータ結果を基に、なぜ人が休退職するのか?を調査した発表で、人が辞める要因として最も影響が大きかったのが、「生産性」「適正・性格」「上司との人間関係」「残業時間」ではなく「睡眠習慣」であることが明らかになりました。

※:志村哲祥(東京医科大)など (2019)

 睡眠の問題は職務要因とは独立した有意な離職リスク因子であり、実は、睡眠習慣が休退職リスク向上に最も寄与しているのです。日本初のサービス「SLEEP Retention」は、アプリ×クラウドダッシュボードの組み合わせにより、自動で「休退職の検知と対策」ができ、従業員が「自発的に」睡眠を改善し、休退職を事前に防ぐ好循環な状態を実現します。

本資料では、休退職と睡眠の関係や、実際にサービスを導入された他社様の事例や成果などを詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

このような方におすすめです

・休退職の発生による、引き継ぎ・欠員補充・ノウハウの損失・同僚の心的ケアの発生や現場の疲弊に困っている

・休退職者数の削減のために、まず取り組むべき課題がわからない

・現状で分かっている離職理由が、「上長や同僚との人間関係」のため、解決しづらい

・個人介入の必要性を感じているが、誰にアプローチすべきかわからなかったり、従業員に心理的負担をかけずに介入することが難しいと感じている

ブックマークしました