『同一労働同一賃金』の図解資料

ビズヒント

概要

働き方改革関連法により、パートタイム労働者・有期雇用労働者・派遣労働者といった非正規雇用の労働者に対して不合理な待遇差をなくすための「同一労働同一賃金」が2020年4月から施行されます。この記事では、同一労働同一賃金が導入される目的や、企業に求められる対応とその手順などについて解説します。

目次

1.同一労働同一賃金とは

2.同一労働同一賃金のメリット

3.同一労働同一賃金のデメリット

4.働き方改革における同一労働同一賃金

5.同一労働同一賃金の施行で企業に求められる対応と手順

6.待遇差の合理性はどのように判断するのか

7.待遇差の合理性が説明できない場合に、企業がとるべき対応

8.同一労働同一賃金に関する最高裁判例①②

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

ビジョナル・インキュベーション株式会社に情報が提供されること、

概要

働き方改革関連法により、パートタイム労働者・有期雇用労働者・派遣労働者といった非正規雇用の労働者に対して不合理な待遇差をなくすための「同一労働同一賃金」が2020年4月から施行されます。この記事では、同一労働同一賃金が導入される目的や、企業に求められる対応とその手順などについて解説します。

目次

1.同一労働同一賃金とは

2.同一労働同一賃金のメリット

3.同一労働同一賃金のデメリット

4.働き方改革における同一労働同一賃金

5.同一労働同一賃金の施行で企業に求められる対応と手順

6.待遇差の合理性はどのように判断するのか

7.待遇差の合理性が説明できない場合に、企業がとるべき対応

8.同一労働同一賃金に関する最高裁判例①②

ブックマークしました