Thumbnails

社内の反発を乗り越え、経費精算業務を効率化する5つのポイント

Dr.経費精算

概要

「非効率な経費精算業務を改善するためにシステムを導入したいけれど、上長や経営層の理解を得られない…」

このようなお悩みを持たれていませんか?バックオフィスのサービスには投資が回りづらいということもあり、社内の説得が難しいと感じてしまう方も少なくありません。

しかし、そんな方でも心配は無用です。経費精算システムの導入で「見落としがちなポイント」=「社内で指摘を受けやすいポイント」を知り、対策を取ることで、同意を得られる可能性は大きく高まります。

そこで今回は、すでにシステムを導入している「導入経験者」視点から、 経費精算システム導入検討時に確認すべき5つのポイントをご紹介いたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

「非効率な経費精算業務を改善するためにシステムを導入したいけれど、上長や経営層の理解を得られない…」

このようなお悩みを持たれていませんか?バックオフィスのサービスには投資が回りづらいということもあり、社内の説得が難しいと感じてしまう方も少なくありません。

しかし、そんな方でも心配は無用です。経費精算システムの導入で「見落としがちなポイント」=「社内で指摘を受けやすいポイント」を知り、対策を取ることで、同意を得られる可能性は大きく高まります。

そこで今回は、すでにシステムを導入している「導入経験者」視点から、 経費精算システム導入検討時に確認すべき5つのポイントをご紹介いたします。

ブックマークしました