Thumbnails

2020年4月施行の「電子申請義務化」。概要と罰則について弁護士が解説

SmartHR

概要

2020年4月1日より、一部の企業で社会保険・労働保険の電子申請が義務化されました。対象となるのは資本金が1億円を超える大企業のみですが、今後、義務化の対象となる範囲が広がることが予想されますので、資本金1億円以下の法人の方も理解しておく必要があります。

本資料では、具体的にどのような手続きが義務化されるのか、罰則はあるのかなど、知っておくべき「電子申請義務化の概要」について弁護士が詳しく解説します。

目次

  • 2020年4月1日施行。「電子申請義務化」とは?
  • 電子申請義務化が必要となる手続き・届出① 社会保険(健康保険・厚生年金)
  • 電子申請義務化が必要となる手続き・届出② 労働保険
  • 電子申請に対応しなかったら? 懲罰・罰則は?
  • SmartHRで電子申請をラクラクに!

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2020年4月1日より、一部の企業で社会保険・労働保険の電子申請が義務化されました。対象となるのは資本金が1億円を超える大企業のみですが、今後、義務化の対象となる範囲が広がることが予想されますので、資本金1億円以下の法人の方も理解しておく必要があります。

本資料では、具体的にどのような手続きが義務化されるのか、罰則はあるのかなど、知っておくべき「電子申請義務化の概要」について弁護士が詳しく解説します。

目次

  • 2020年4月1日施行。「電子申請義務化」とは?
  • 電子申請義務化が必要となる手続き・届出① 社会保険(健康保険・厚生年金)
  • 電子申請義務化が必要となる手続き・届出② 労働保険
  • 電子申請に対応しなかったら? 懲罰・罰則は?
  • SmartHRで電子申請をラクラクに!
ブックマークしました