Thumbnails

今年成立した「デジタル手続法」、人事労務担当者が知っておくべきポイント

SmartHR

概要

2019年5月に「デジタル手続法」が成立し、行政手続きは今後、ますますデジタル化が促進されていくこととなります。

人事労務においても、紙主体の属人的な業務から、デジタルを活用し、勤怠・給与・労務・評価などの『人事データが繋がり合った仕組み化された業務』にシフトしていくことが必要です。

そこで本資料では、担当者が知っておくべき「デジタル手続法」の詳細と対象分野・手続き方法について解説。デジタル化の波にどのように対応していくべきかについてお伝えします。

目次

  • 2019年5月成立。デジタル手続法とは?
  • マイナンバーで実現!デジタル手続法の対象分野、手続き
  • 人事労務業務のデジタル化の重要性
  • HRテクノロジーで業務を効率化するSmartHR


資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年5月に「デジタル手続法」が成立し、行政手続きは今後、ますますデジタル化が促進されていくこととなります。

人事労務においても、紙主体の属人的な業務から、デジタルを活用し、勤怠・給与・労務・評価などの『人事データが繋がり合った仕組み化された業務』にシフトしていくことが必要です。

そこで本資料では、担当者が知っておくべき「デジタル手続法」の詳細と対象分野・手続き方法について解説。デジタル化の波にどのように対応していくべきかについてお伝えします。

目次

  • 2019年5月成立。デジタル手続法とは?
  • マイナンバーで実現!デジタル手続法の対象分野、手続き
  • 人事労務業務のデジタル化の重要性
  • HRテクノロジーで業務を効率化するSmartHR


ブックマークしました