Thumbnails

確実に効果が出る働き方改革の始め方

楽楽精算

概要

2019年4月より働き方関連法案が施行され、「働き方改革」のため労働生産性の大幅な向上が求められています。特に「人力×紙」で行うアナログな作業が多い経費精算には、非効率的な部分があります。例えば、外出先から経費申請・承認が出来なかったり、申請ミスが多発する等があげられます。

経費精算は全社員に関わる業務であるため、アナログな方法から効率的な方法に移行すれば、手間のかかる経費精算の業務時間が削減され、「働き方改革」実現の大きな一歩に繋がります。

本資料では、非効率的な経費精算の改善による「働き方改革」の進め方と実際に業務効率化に成功した企業の声をご紹介します。

以下の【経理部門・経費精算業務に関わる部署】の皆様におすすめです。

  • 経費精算業務よる月末月初の残業を減らしたい方
  • 「働き方改革」に取り組みたい方
  • 紙やExcelで経費精算を行っている方

※資料をご覧いただいた方には株式会社ラクスの担当者よりお電話をさせていただきます。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2019年4月より働き方関連法案が施行され、「働き方改革」のため労働生産性の大幅な向上が求められています。特に「人力×紙」で行うアナログな作業が多い経費精算には、非効率的な部分があります。例えば、外出先から経費申請・承認が出来なかったり、申請ミスが多発する等があげられます。

経費精算は全社員に関わる業務であるため、アナログな方法から効率的な方法に移行すれば、手間のかかる経費精算の業務時間が削減され、「働き方改革」実現の大きな一歩に繋がります。

本資料では、非効率的な経費精算の改善による「働き方改革」の進め方と実際に業務効率化に成功した企業の声をご紹介します。

以下の【経理部門・経費精算業務に関わる部署】の皆様におすすめです。

  • 経費精算業務よる月末月初の残業を減らしたい方
  • 「働き方改革」に取り組みたい方
  • 紙やExcelで経費精算を行っている方

※資料をご覧いただいた方には株式会社ラクスの担当者よりお電話をさせていただきます。

ブックマークしました