組織づくりのカギとなる「心理的安全性」の構築法3選

Unipos

概要

新型コロナウイルスにより働き方が変化した現在、4人に1人が離職意向を抱えており、かつ離職意向がある人は「心理的安全性が低い」という傾向が、独自調査でわかりました。

心理的安全性とは「組織・チームの誰もが、地位や経験に関わらず、素直に意見を言い、また素朴な疑問を述べられるかどうか」を表す、Google社が労働改革プロジェクトの中で再発見し注目を集めている概念です。さらにGoogle社は、成功するチームの共通点の中で最も重要なのがこの心理的安全性であると述べています。

これを改善することで離職率を低下させられる他、チームの能力も改善されるため、ひいては生産性の向上が期待できます。そこで本資料では、心理的安全性の解説と、その具体的な改善方法を解説。チームの団結力を高め、逆境に打ち勝つための一助となれば幸いです。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Unipos株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルスにより働き方が変化した現在、4人に1人が離職意向を抱えており、かつ離職意向がある人は「心理的安全性が低い」という傾向が、独自調査でわかりました。

心理的安全性とは「組織・チームの誰もが、地位や経験に関わらず、素直に意見を言い、また素朴な疑問を述べられるかどうか」を表す、Google社が労働改革プロジェクトの中で再発見し注目を集めている概念です。さらにGoogle社は、成功するチームの共通点の中で最も重要なのがこの心理的安全性であると述べています。

これを改善することで離職率を低下させられる他、チームの能力も改善されるため、ひいては生産性の向上が期待できます。そこで本資料では、心理的安全性の解説と、その具体的な改善方法を解説。チームの団結力を高め、逆境に打ち勝つための一助となれば幸いです。

ブックマークしました