Thumbnails

「売れる」営業組織に変える 増販増客の仕組みはどう作るか

bellFace

概要

今の時代、日本の営業組織に必要なのは、営業マンの勘でも、ましてや根性でもありません。 一人一人の頑張りにおける限界を超えた今、組織として継続的に成果を上げる=売上を上げることがますます重要視されます。そして、売り上げアップへの最も近道といえるのが商談数を増やすことなのです。

しかし、今までの営業を続けていたままではなかなか商談数は増えません。本資料では、日本の企業が取り入れるべき「客先に訪問をしない営業の形(インサイドセールス)」の可能性とメリット、さらにインサイドセールスを始めるにあたって、「ベルフェイス(bellFace)​」選ぶべき理由について解説します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 売上を上げたいけどどうすればいいか分からない
  • 商談数を増やすにも、1日3件が限界
  • 営業メンバーをなかなか採用できず、人手不足

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

今の時代、日本の営業組織に必要なのは、営業マンの勘でも、ましてや根性でもありません。 一人一人の頑張りにおける限界を超えた今、組織として継続的に成果を上げる=売上を上げることがますます重要視されます。そして、売り上げアップへの最も近道といえるのが商談数を増やすことなのです。

しかし、今までの営業を続けていたままではなかなか商談数は増えません。本資料では、日本の企業が取り入れるべき「客先に訪問をしない営業の形(インサイドセールス)」の可能性とメリット、さらにインサイドセールスを始めるにあたって、「ベルフェイス(bellFace)​」選ぶべき理由について解説します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 売上を上げたいけどどうすればいいか分からない
  • 商談数を増やすにも、1日3件が限界
  • 営業メンバーをなかなか採用できず、人手不足
ブックマークしました