Thumbnails

社員が100名を超えたところで評価制度がガタガタに…「形骸化」を止めるには

HRBrain

概要

目標・評価管理のプロセスは多くの人事部門においても悩みのタネです。すでに評価制度を設計していても形骸化していたり、「個人目標の設定が難しい」「定量評価が難しい」など様々な課題があります。しかし曖昧なままでは、社員が何を達成すれば評価されるのかがわからず、社員のモチベーション低下と、ひいては業績悪化の原因にもなります。

また、これからの時代、人事部門は社員の評価だけでなく目標管理からタレントマネジメントまでを行う必要があります。そこで本資料では、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てを「HRBrain」で効率化し、組織の生産性を高める方法について解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

目標・評価管理のプロセスは多くの人事部門においても悩みのタネです。すでに評価制度を設計していても形骸化していたり、「個人目標の設定が難しい」「定量評価が難しい」など様々な課題があります。しかし曖昧なままでは、社員が何を達成すれば評価されるのかがわからず、社員のモチベーション低下と、ひいては業績悪化の原因にもなります。

また、これからの時代、人事部門は社員の評価だけでなく目標管理からタレントマネジメントまでを行う必要があります。そこで本資料では、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てを「HRBrain」で効率化し、組織の生産性を高める方法について解説します。

ブックマークしました